1. 散骨
  2. ルール&マナー
  3. トラブル

散骨のトラブル

散骨をとりまくトラブルにはどんなものがあるのかまとめてみました。

葬儀業者とのトラブルになる確率は10%

以前は葬儀は葬儀、散骨は散骨と分かれていたのでこうしたトラブルは無かったのですが、最近は葬儀のオプションとして散骨まで受託してる葬儀会社もあり、少しばかりトラブルも少しだけ耳にするようになりました。

内容は、葬儀会社が散骨を外部に委託しているため、料金が高額になるということと、遺骨の引き渡しや船の予約などの段取りが悪いという内容です。値段が高いというのはお客様側の価値観なのでどうかと思いますが、こうしたトラブルを避けるためには葬儀は葬儀で終わらせ、遺骨を引取り、散骨は各自で厳選した散骨サポート業者に直接依頼することで回避できます。費用だけでいうと約30%以上は安くなると思います。

お墓のことで親族とトラブルになる確率は30%

最も多いトラブルはここでしょう。70代以上の方の中には「マイホーム、クラウン、お墓揃えたら一人前!」と、お墓に対する執着が激しい方も多く「何で散骨なんだ!」とか「先祖代々のお墓に入れなきゃダメだ!」などと言われる事も多いようです。

決裂する二人特に墓じまいなどを伴う場合はトラブルになることが多いので、「散骨したいのだけど・・・?」と切り出す前に、ある程度親族の意見を聞いておいた方がいいかもしれません。承継者がいない場合などは「仕方ないね」という感じですんなり話が進むことが多いのも特徴的です。

継承者のいない墓じまいの手順と流れ

お墓のことでお寺とトラブルになる確率は20%

最近は随分減りましたが数年前までは埋葬してある遺骨を取り出して散骨することや、離檀(檀家をやめる)ことなど考えられなかったので、散骨すると言うと住職にもの凄い剣幕で怒られたり、不当な離檀料などを請求されてトラブルに発展してましたが、最近はあまり聞かなくなりました。ですが一部の地域では相変わらず嫌がらせのように続いているみたいですので対処法は学んでおいた方が良いかも知れません。

お坊さん

お寺と揉めないためのノウハウ

故人に兄弟姉妹がいるときは遺骨を少し残しておいてあげた方がいいかも

思いっきり私のことなんですが、父の遺骨を全て散骨したら「何で全部撒いてしまうんだ!」と親族にもの凄い剣幕で怒られてしまいました。要するに少しくらいは手元に残して供養していたかったということのようです。

同じような経験をされた方も結構多いので、散骨する際は親族の方に「少し残しておく?」と各自に確認をとってから散骨されることをお勧めします。キーホルダーに5gとか、スプーン一杯20gとかそれくらいでも良いと思います。

それから、手元に残す遺骨は原型のままよりも粉骨してパウダー状にしてから残しておいた方が遺骨の行方に困らないです済みますのでお勧めです。粉状であればご自身と一緒に棺に入れられますし、自分でそっと散骨することもできますので。

散骨業者とトラブルになる確率5%

乗船型サポート(遺族が一緒に船に乗る場合)のトラブルは「希望日に散骨ができなかった」や「船酔いが酷くて散骨どころではなかった」でしょう。ですが海の天気は変わりやすいので希望日に・・・というのは業者側にはどうしようもありません。

散骨そのため多くの散骨業者では無料の振替日を設定します。出港できなかったらキャンセル料を取るような業者は無いと思いますが。また、船酔いに関してもお客様の都合なのでどうしようもありません。

散骨代行や委託型サポートの場合は「遺骨の郵送先が廃墟で実態が無かった」というトラブルをよく聞きます。

実際調査すると会社を登記している場所が廃墟だったり、粉骨作業をしている場所が民家の汚い小屋や、山小屋だったりしてびっくりしました。こうしたいい加減な仕事をしてる業者に頼むとある日突然警察から電話がかかってきて「○○さんのご親族の方ですか?骨壺が山中から見つかりまして・・・」となるかもしれませんので要注意です。というか頼まない方がいいと思います。大抵の場合、こういう業者は低価格を売りに積極的に広告で集客してますので気づいた方も多いかと。

 

自分で散骨してトラブルになる確率は1%以下

幸いなことに現時点で個人の散骨がトラブルに発展してニュースなどになった事は一度もありません。もうこれは日本人の民度の高さだと思います。厚生労働省より「節度をもって行う分にはおとがめなし」と言われておりますので、こういうところをキッチリ遵守するのはさすがだなと思います。今後もこの状態が続くことを祈ってます。

という感じで散骨に関連するトラブルをあれこれ書いてみましたがいかがでしたでしょうか?結論として散骨は業者と揉めるよりも親族と揉めてしまう事の方が多いということになります。散骨の依頼がお盆やお正月に増えるのもなんとなく理由が解るような気がしますね。

→ホームページに戻る

東京湾・散骨代行