1. 散骨
  2. 墓じまい
  3. 遺骨

墓じまいした後の遺骨はどうしたら良いか?

墓石は墓じまいの業者に任せれば正規ルートで産廃処分してくれますし、墓地は元の所有者であるお寺や霊園によって再販されますので何も心配は要りませんが、遺骨だけは祭祀承継者が責任をもってその行方を決めなければなりません。墓じまい後の遺骨の行き先にはいくつかありますのでご紹介いたします。

お金のかからない「散骨」はオススメ

東京湾に散骨した様子

散骨のいいところは安価で、宗教感がなく、永代供養のように他人の遺骨と混ざらないで済むことなどでしょう。また、散骨の場合、遺骨は完全に消滅しますので納骨堂が破産になったので遺骨が戻ってきてしまった!などという最悪の事態に見舞われることも無くなります。

墓石業者さんに協力をお願いしておくことがポイント

お墓の中にあった遺骨は、墓石業者さんにお願いしておくと、取り出すところまではやってくれます。が、預かることはしてくれません。お願いしておけば、取り出した骨壺を傾けて中に入った水を可能なところまで抜いてくれるくらいまではしてくれますので、その後はご自身で骨壺を預かり、乾燥させて粉骨し、ボートなどを手配して散骨します。親族を集めて豪華に散骨するも良し、散骨業者にお願いして代行してもらうも良しです。このあたりは全て祭祀承継者の自由です。

遺骨を郵送して散骨まで全部任せて一柱あたり3.7万円で済みます

最近では墓じまいした遺骨を散骨してくれるサービスがありますので、こういった専門業者に委託した方がとても楽で早いです。雑誌やテレビなどでも紹介されている「まごころ」さんなどで、あらかじめ「ご遺骨預かりセット」を取り寄せておき、遺骨を受け取ったら水を軽く抜いてビニールに入れて送ると、乾燥→異物の除去→粉骨→散骨→散骨証明書の発行まで代行してくれ、東京湾散骨の場合、乾燥料金込みで一柱あたり3.7万円(税込)という安さです。全国どこからでも送料は無料ですし、不要になった骨壺は無料で処分してくれます。遺骨の一部を真空パックし、少しだけ手元に残しておくなどもできますので至れり尽くせりのサービスです。

→ 粉骨代行『まごころ』さんの粉骨+散骨コース

 

仏教にこだわりたい方は永代供養

お布施

永代供養(えいたいくよう)とは、遺骨をお寺に引き渡して、本来、祭祀承継者(さいしけいしょうしゃ)が毎年のように行わなければならない供養を永久的にお寺に委託する契約です。預かった遺骨は最終的には合祀墓(ごうしぼ)という場所に他人の遺骨と一緒に永久的に葬られますので、その後遺骨の返還はできません。

合祀方法に関してはお寺の考え方によってバラバラなのが実情です。預かった遺骨は供養した後、すぐに骨壺から出され合祀墓にバラバラと撒かれる場合もあれば、骨壺のまま専用の合祀墓に並べられて何十年も安置する場合もあります。宗派によって22年、33年と決まっているところもあれば、特に決まりがないこともあります。いづれにせよ、いつかは他人の遺骨と一緒になるのが永代供養の最終形態になります。

永代供養は菩提寺に出すのがマナーなのか?

長年そのお寺にお墓があったわけですから、お世話になったお礼を含め、菩提寺に永代供養をお願いするのが一般的でしょう。同じお寺で行えば改葬手続きも楽ですし、揉める事もありません。

最近は格安の永代供養料を前面に押し出して「送骨」などで遺骨を集めているお寺などがありますが正直これはお勧めしません。本来仏教は宗派がありますので、「どんな宗派でもOKです!」なんて話がおかし過ぎます。お金の為に他寺から檀家を奪うようなお寺が心のこもった供養をしてくれるとはとても思えません。

永代供養費はいくら必要?

とは言え、料金が不鮮明な「お布施」制度が一般的な仏教業界において永代供養にかかる費用がいくらなのか確認するのは怖いでしょう。最近ではこのあたりを考慮して具体的な金額をお寺が提示するケースもありますので先ずは率直に聞いてみることをお勧めします。「お気持ちで結構です」と言うとお寺がびっくりするくらい低価格を差し出す方が多いのでお寺側も明確な料金を提示するようになってきています。

小さなお寺であれば数万円で済むこともありますし、大きな格式のあるお寺であれば何百万も提示されることもあります。また、戒名を付けたり、供養墓を個室にしたり、墓石に名前を刻んだりすると料金も変わってきますのでお寺の説明をよく聞くと良いと思います。あまりにも高額過ぎて払えないとなった場合のみ、最終的に他寺での永代供養を検討することもありかと思います。

それでも「お気持ちで結構です」と言われたときのお布施の額

通常は年に一回、お盆などに法要してもらい、お布施を渡しますので、何年も訪れていなければその分のお布施をまとめ払いする必要があると思います。交通費を含まない場合のお布施は5千円~2万円程度が相場ですので、平均値を取って1万円×お墓があった年数が永代供養のお布施額になるのではないでしょうか?例えば20年お墓があったのであれば20万といった具合です。このくらいの額を包むと大概のお寺も納得してくれると思います。

→ホームページに戻る

東京湾・散骨代行