1. ホーム
  2. 散骨場所

山への散骨

登山している人達

山に散骨する人は全体の約5%

近年では津波によって亡くなった方々を海に散骨するのはどうか・・・ということで、東北地方を中心に山間部へ散骨を希望する方が増えています。2015年11月に実施された全国的な葬送アンケートでも、著名な山や、産まれ育った故郷の山に散骨を希望される方が多かったのが印象的でした。山々を愛する登山家などのあいだでは山での散骨は一般的で、登山仲間の遺灰を山頂で撒くための「弔い登山」というものを行うそうです。

山への散骨に関する法律知識

法律上散骨は違法ではありませんが、合法でもありません。いわゆるグレーゾーンなので「個人が節度をもって行うように」という見解が示されていますが、埋葬法により遺骨を埋める行為は墓地以外で禁止されていますので、撒かずに埋めたり、墓標を建てれば違法になります。また、遺骨はそのまま撒くと第三者に発見された場合、遺棄事件として発展してしまう恐れがありますので必ず粉骨する必要があるでしょう。粉骨は専門業者に依頼すると1週間程度でパウダー状にして返送してくれますので利用すると良いと思います。

独自条例を設けている市区町村もあります

北海道などでは土地を買収して散骨場を作ろうとして近隣住民からの苦情が出てトラブルになり、市区町村単位で条例を設けて規制している所もありますので、地域の条例などは必ず確認しましょう。

山への散骨の方法、許可、手続き、注意点

まず散骨しようと考えている山の所有者を調べる必要があります。多くは国有地、都道府県所有地、私有地などと様々な種類に分かれています。例えば富士山の場合、八合目から山頂は富士山本宮浅間大社の私有地です。また七合目から下は国有林と山梨県有林になりますので、原則としてはそれぞれの許可が無い場合は散骨はできません。

実際は、様々な山で散骨が行われているようですが、水源地域、建造物のある場所や施設周辺、天然記念物、生態系に多大な変化を与える影響のある場所などはマナーとして避けた方が良いと思います。

「節度をもって」とは「個人的に、周りに配慮して、ひっそりと行う」という意味ですので、多くの方が通る登山道にポンッと遺灰を撒いたら間違いなくトラブルの原因になります。花束などを置くのも厳禁でしょう。そういった弔い方をしたい方はきちんと墓地に埋葬することをお勧めします。

山への散骨の料金相場

個人が節度をもって行うべし!なので、山への散骨に特定の料金を設定している業者さんというのはありません。中には登山経験者が散骨を代行してくれることもあるかと思いますが、そのほとんどはボランティアです。基本的に山への散骨は、親族が自ら登って行うケースが多いので現時点では料金相場というものは無いのでしょう。あるとすれば粉骨代の2万円程度です。

山に散骨した時の弔い方

散骨した後は山に魂が眠っていると考えて、山に向かって拝んだりすれば良いのではないでしょうか?「あの山の頂きから見守ってくれているのだなぁ」と思うと故人の守護が偉大な感じに思えてきてなんだか凄いですね。おそらく、歴代で唯一散骨された平安時代の淳和天皇などが山に散骨を希望されたのも、庶民の平和を山から見守りたいという気持ちからだったのではないでしょうか?

→ホームページに戻る

東京湾・散骨代行