1. ホーム
  2. 散骨場所

海岸や砂浜での散骨、海上散骨

なぜ海への散骨は人気なのか?

土地の広い海外では人目を気にせず散骨というのが比較的容易なのに対し、日本は狭いので陸地で散骨しようとすると大抵誰かの私有地だったりします。その為、陸地での散骨が難しいので海への散骨なら誰にも文句を言われない、ということから海散骨が人気になった背景があります。

海洋散骨の種類

沿岸散骨・・・砂浜や岩場などから海に散骨。
海上散骨・・・ボートやセスナに乗って遠洋で散骨。

海外では沿岸散骨が主流

海への散骨と言うと海外映画などでは砂浜からパーっと撒いているのをよく観ると思いますが、実はあれ日本でやっても違法ではありません。ヨーロッパの人達の間では地中海は散骨場所として大人気だそうです。また、ハワイでは現住民であるハワイアンは自然共存精神から散骨の方が主流だそうです。米ドラマ「ボーンズ」では、職場仲間のスイーツの遺灰を歌いながら風葬しているのが印象的でした。

海への散骨に関する法律知識

日本国憲法においては「個人が節度をもって行う散骨」においては得に違法ではありません(合法でもないですが)。ですので実際は海岸などから散骨しても違法ではないのですが、近隣住民や漁業関係者などからの申し出もあり、市区町村単位で条例を設けて規制している所もあります。散骨をしようと思った地域の条例などは必ず確認した方が良いでしょう。

海散骨の方法、許可、手続き、注意点

散骨に許可書は必要ありません。自治体などへの手続きや届け出も不要です。ただし最低限のルールとして、必ず遺骨を2mm以下の粉末状にする必要があります(粉骨)。そのうえで節度をもって散骨を実施します。

この場合の節度とは「個人的に、周りに配慮して、ひっそりと行う」というのが一番合ってるかもしれません。例えば海岸から散骨する場合は、人が大勢海水浴している場所で、集団で喪服を着て行うのは完全にアウトです。海水浴場にはなっていない場所で早朝などに少人数でひっそり行うのはセーフでしょう。散骨した後に合掌したいかもしれませんが、拝んでると「散骨してる!」と分かるので、ひっそり心の中で念じる程度に留めておいた方がいいかもしれません。

海で散骨する方法 備考
遠洋(公海)で散骨 × 200海里って370kmも沖合ですよ?遠過ぎ!
業者に依頼して近海で散骨 一番安心だけど料金はかかります。
砂浜や岩場で散骨 一番安価で済むけど民事トラブル注意。
海水浴場 × 絶対ダメ。
橋の上から散骨 × 事故につながるので絶対ダメ。
防波堤の先端から散骨 一番安価で済むけど民事トラブル注意。
自力ボートで散骨 × 危険過ぎるのでダメ!
漁船に載せてもらって散骨 数万円で連れて行ってくれます。
フェリーに乗って散骨 他のお客さんに見つかるとトラブルに発展。
養殖場で散骨 × 養殖業者に訴えられる可能性もあります。

 

バケツ1つで楽にできる散骨
バケツ散骨経験者のお話ですが、実際砂浜から散骨しようとすると周囲の目が気になってできなくなるようです。

そこでバケツを用意し、波打ち際から砂を入れて持ってきて、その中に遺灰を混ぜて海に戻したそうです。そうすると周囲の人達に怪しまれることも無く、すんなり散骨できるらしいです。

どうしても合掌したい、セレモニーを行いたい場合は海洋散骨を専門にサポートしてる業者に依頼するのが良いです。沿岸から離れた海上で行われるため周りを気にすること無く堂々と故人を偲びながら散骨することができます。注意点はボート出港時などに喪服を着て集まらないことぐらいでしょう。

海洋散骨禁止マップ

2016年02月現在、赤く塗られた場所(熱海市と伊東市周辺)は明確な散骨ガイドラインや指針があるので散骨はできません。絶対できないという訳ではありませんが、葬送でトラブルになるのは良くありませんので避けた方が良いでしょう。

海洋散骨禁止場所

海洋散骨の料金相場

沿岸散骨は基本的に自分で行うので、かかる費用は粉骨料金だけです。関東で一般的な7寸骨壺であれば3万円程度で粉骨してくれます。関西だと5寸なのでもう少し安く粉骨できるでしょう。粉骨された遺灰を持って海に行くだけですから最も安価な海洋散骨でしょう。

海上散骨の場合は、遠洋に出るためにボートやセスナ機をチャーターしなければなりません。チャーター料金は散骨する場所や参加人数、セレモニーの内容などで違うため各者バラバラですが、平均的なところだと3~4名参加で20万円前後のようです。他の遺族と一緒に行う合同散骨などだと料金をシェアするので7万円前後で散骨できます。船酔いが心配な方や、もっと安く海洋散骨したい方は、専門業者に代行してもらうと5万円以下でも散骨可能です。

2.5万円で東京湾に散骨してくれる代行サービス

海洋散骨業者の選び方

まずホームページを確認しましょう。ホームページがキレイな散骨業者はそれなりにセンスがありますし、資本もあるので安心できます。依頼者が希望する場所への海上散骨が可能かどうかが最初のチェックポイントです。「節度」ということから具体的な散骨場所を明記していないケースが多いですが、お問合せすれば教えてくれます。また、危険な場所への散骨はきちんと断ってくれます。

次に運営会社の概要を見て、葬儀社なのかボート保有会社なのかも大事なところです。葬儀社主催の場合はサービスが良く高額で、直営の場合は安価な場合が多いです。また、トイレがあるのか?悪天候の場合、避難できる部屋はあるのか?などチェックが必要です。散骨事例の画像を見て、ライフジャケットを着てない場合は要注意です。

海に散骨した時の弔い方

海洋散骨でよく聞かれるのは「散骨した後で拝みたくなったらどうすればいいの?」という質問ですが、海洋散骨の場合は海に向かって拝めば良いと思います。格好よく言うと海全部がお墓のような感じです。筆者である私も父の遺灰をハワイに散骨しましたが、三年祭(神道だったので)の時には散骨したビーチに行って心の中で「元気か~?」と弔っておりました。

「弔う」という行為については、宗教各派の考え方の違いもありますので何とも言えませんが、必ずしもお供え物をして合掌しなければならないというわけでは無いと思います。故人のことを思い出して、気持ちを伝えればそれで良いのかなと思います。「そんなんじゃダメだ!きちんとお供え物をして・・・」という方にはそもそも散骨は向いてないと思います。

→ホームページに戻る

東京湾・散骨代行